NEWS

アドバイザーに4氏決定

2021.08.20

 あきた芸術劇場「ミルハス」のアドバイザー4氏が決まりました。
 音楽部門が県吹奏楽連盟前理事長・木内恒氏(61)=秋田市=と、同市出身のヤマハ吹奏楽団常任指揮者・佐々木新平氏(39)=神奈川県。施設運営部門がシアターワークショップ代表取締役・伊東正示氏(68)=東京都。演劇部門は秋田市出身の演出家・藤田俊太郎氏(41)=東京都。年2回ほどの会議などを通じ、劇場運営や自主事業について専門的視点から助言してもらいます。任期は2022年6月1日から2024年3月31日まで。
 4氏のプロフィールは次の通りです。

【音楽部門】
 木内恒(きのうち・こう)氏  1960年2月3日生まれ。教員として秋田市の中学校吹奏楽部を全国大会に導くなど 優れた指導力を発揮。退職後は小学校から一般までの指導に携わっている。2018年の「3000人の『大いなる秋田』特別公演」で指揮者を務めた。県吹奏楽連盟前理事長。ホルン奏者でもあり、日本ホルン協会理事。

【音楽部門】
 佐々木新平(ささき・しんぺい)氏 1982年4月27日生まれ。東京シティ・フィルハーモニック管弦楽団で2010年から指揮研究員、2015年から2019年までアソシエイト・コンダクター。国内主要楽団での客演多数。オーケストラや吹奏楽、合唱など幅広く活躍している。2021年1月からヤマハ吹奏楽団(静岡県)の常任指揮者。

【施設運営部門】
 伊東正示(いとう・まさじ)氏 1952年8月27日生まれ。1983年、シアターワークショップ(東京都)を設立。代表取締役として、全国の劇場・ホールの総合的なコンサルティングなどを手掛けている。2008年日本建築学会賞(業績)受賞。劇場演出空間技術協会(JATET)理事、劇場芸術国際組織(OISTAT)日本センター副会長。

【演劇部門】
 藤田俊太郎(ふじた・しゅんたろう)氏 1980年4月24日生まれ。2005年から2015年まで蜷川幸雄作品に演出助手として関わる。演出作品に「ジャージー・ボーイズ」「天保十二年のシェイクスピア」「NINE」などがある。読売演劇大賞の最優秀作品賞・優秀演出家賞(2017年)、優秀作品賞・最優秀演出家賞(2021年)など受賞。

このお知らせをシェアする