NEWS

【イベントレポート】振り付け覚えダンス ミュージカルワークショップ

2022.05.09

 県民・市民参加型ミュージカル「欅(けやき)の記憶・蓮(はす)のトキメキ」のダンスのワークショップが7日、秋田市文化会館リハーサル室で開かれました。41人が参加し、短い振り付けを覚えて踊ることに挑戦しました。
 振付家の新海絵理子さん(東京)と振付助手の高橋紗輪子さん(秋田市)が指導に当たりました。参加者はストレッチで体をほぐした後、足を高く上げて歩いたりステップを踏んだりしました。
 新海さんが手本を示した振り付けを覚えて踊ることにも挑戦。参加者は戸惑いながらも何度か繰り返して動きを覚え、音楽に合わせて披露しました。
 新海さんは「果敢に挑戦し、みるみる上達している。作品を作っていくこれからが楽しみ」と話していました。

振り付けを覚え、披露する参加者

このお知らせをシェアする